【鉄道】北陸新幹線、止まらない駅の悲痛 開業5年、主要都市と効果に格差 (281)

1【TOKUMEI】2020/03/07(土) 22:38:46.27ID:v+qZ27Sn9 北陸新幹線金沢開業以降、金沢駅や富山駅周辺では外資系ホテル進出やマンション建設が相次ぎ、新幹線効果が続く一方、停車駅から遠く波に乗れない地域もある。一部在来線特急の始発駅だった魚津駅(富山県魚津市)は、利用客が1割以上減り、地価も下落が続く。富山県は効果が富山市に集中する傾向にあり、広い地域への波及が課題だ。敦賀開業後、福井県内では魚津と同様、鯖江駅などで在来線特急の停車がなくなる可能性があり、関係者は危機感を募らせている。 【画像】3月の魚津駅  3月の夕方、魚津駅には通勤通学客がまばらだった。「昔は商店街の駐車場が車であふれていたが、今はがらがら。先が見えない」。駅南西側の酒店経営者(66)はこぼす。  魚津市は県東部に位置し、人口約4万2千人。以前は新潟方面に接続し、首都圏との橋渡し役を担った特急「はくたか」、関西圏につながる「サンダーバード」が停車し、豊富な海産物を目当てに県内外から訪れるファンも多かった。  だが開業後、乗り換え需要がなくなり、東京からの客は新幹線で素通りに。JRなどによると、最近3年間(2016〜18年度)の1日の平均乗降客数は4112人で、開業前(12〜14年度)から約15%落ち込んだ。  商店街の漆器店の経営者(51)は「減ったのは仕事や観光の人だと思う。なじみの客を大事にして、新幹線のせいにしないで努力するしかない」と話す。  …

続きを読む

地上35mの土台に北陸新幹線敦賀駅 金沢開業5年、敦賀まであと3年 (142)

1【TOKUMEI】2020/03/14(土) 13:35:59.73ID:wNteU+Hq9 北陸新幹線は長野−金沢間の開業から3月14日で5年を迎えた。そして3年後の2023年春には、いよいよ金沢―敦賀間が開業する。その際の終着地点となる福井県敦賀市。嶺南最大の都市の山側に上空から目をやると、新幹線の高架橋が連なって立ち上がってきた。地上から約35メートルと県内4駅舎で最も高い場所に建設される敦賀駅舎の土台部分も姿を現し、延伸間近を感じさせる。  北陸新幹線は東京―大阪間(東京―高崎間は上越新幹線と共用)の約700キロを結ぶ。1973年に整備計画が決定され、まず高崎―長野間が長野新幹線として1997年に開通。その後2015年3月14日に金沢まで延伸した。  福井県内では福井駅部の800メートルについて2005年に国の認可を受けて着工。2009年に完成したものの、金沢―敦賀間を整備する「線」の認可は2012年にまで遅れた。当初は金沢などとの同時期開業を目指したが富山、石川と比べ、福井は取り残された格好だった。  悲願のレール延伸まで「ついにあと3年」。県幹部の1人は感慨深げだ。そして敦賀のほか福井、芦原温泉、南越(仮称)各駅の周辺の開発も活発化する中で、言葉に力を込める。「まちづくりや交流人口・移住の拡大に向け、これからが本番だ」 2020年3月14日 午前11時20分 https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/10477…

続きを読む

【鉄道】驚異の210分待ち 山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」で、開業日のきっぷ求める人が殺到★2 (520)

1【TOKUMEI】2020/03/14(土) 22:26:51.39ID:gVtNHPcS9 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2003/14/news026.html  2020年3月14日に開業したJR東日本・山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」で、きっぷを求める人が殺到。 驚異的な待ち時間の案内がネット上で大きな話題になっています。 ぬまっち🌸C98 火曜日西か15a @B8901S 高輪ゲートウェイ きっぷ購入210分待ち もはや階段下が最後尾 Twitterには「120分待ち」「150分待ち」と現地の状況を伝える投稿が、同日の昼ころから続々と投稿されており、 最も長いもので「210分待ち」と表記されている案内の写真があがっています。 高輪ゲートウェイ駅に集まっている人の多くは、開業日である「2020年3月14日」の日付が刻印されたきっぷを記念品として求めているようで、 きっぷを手に入れた喜びを伝える投稿から、これから並ぶことに辟易とした気持ちが感じられる投稿まで、さまざまな投稿がみられました。 もがきの政 @PkHanahai2 高輪ゲートウェイ駅 ホームは木目調で開業初日の切符はこの時点で二時間待ち!#高輪ゲートウェイ駅 ニッポン鉄宿紀行 @trainhotel エグすぎる!高輪ゲートウェイ駅、切符買うだけで150分待ち!ドンドン伸びる時間。 …

続きを読む