【朝鮮日報】 韓国は北東アジア経済圏で孤立するのか 日本、米国と通貨スワップ協定を結べず  (595)

1【TOKUMEI】2018/11/11(日) 10:29:13.01ID:CAP_USER 日本と中国は先月、北京での首脳会談で300億ドル規模の通貨スワップ協定を結んだ。外貨準備高世界1、2位の中国と日本が経済危機発生時に相互協力しようと手を結んだことになる。 日本は7年ぶりの公式首脳会談を通じ、中国が推進する一帯一路事業への参加に加え、第三国のインフラ事業への共同進出などさまざまな経済協力事業を推進することで合意した。  米国が中国と貿易戦争を展開する間、米国の最も強固な同盟国だと強調してきた日本が中国と手を組んだ格好だ。さらに、尖閣諸島(中国名・釣魚島)紛争をきっかけとする両国の対立を考えれば異例の動きだ。 日本が憲法改正で再武装を推進し、軍事力を強化していることが、中国を狙ったものであることは今や秘密ではない。日本政府は毎年発行する防衛白書で「中国崩壊論」に触れている。 日本の政界と学識者の間で流行するシナリオは、少数民族、貧富の差、共産党の腐敗で体制に亀裂が生じ、中国が尖閣諸島での局地戦で内部の引き締めを図るというものだ。  中国にとっても、日本は歴史的に韓日関係並みに複雑で和解が難しい国だ。その象徴が中国・南京にある大虐殺記念館だ。日本軍が1937年に南京に侵攻し、6週間で民間人30万人を虐殺したことを忘れまいと建てた記念館だ。 しかし、安倍晋三首相は2015年、国会答弁で南京大虐殺を扱った米国の教科書について、「愕然(がくぜん)とした」と述…

続きを読む

【農林水産省】回収ソーセージからアフリカ豚コレラの陽性反応が出たと発表 関西国際空港 (71)

1【TOKUMEI】2019/02/07(木) 18:19:01.69ID:CAP_USER 農林水産省は6日、中国の吉林省から関西国際空港に到着した旅行客が持ち込もうとした豚肉ソーセージを回収し、検査したところ「アフリカ豚コレラ」の陽性反応が出たと発表した。アフリカ豚コレラは5府県への拡大を確認した豚コレラとは別の家畜伝染病で、致死率がさらに高いとされる。 旅行者の持ち込みでアフリカ豚コレラの陽性反応が出たのは8例目。日本ではアフリカ豚コレラの感染事例は確認されていない。発生国の中国では春節(旧正月)連休を迎えて日本への旅行客が増えており、農水省は監視を強化している。〔共同〕 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40987590W9A200C1CC1000/ 日本経済新聞 2019/2/6 20:39 2【TOKUMEI】2019/02/07(木) 18:19:55.66ID:q/z3n3sM これを撒いてるんだな 3【TOKUMEI】2019/02/07(木) 18:19:58.45ID:4KotDLoc シナ人は防疫の概念ねぇから危なすぎなんだよ… 4【TOKUMEI】2019/02/07(木) 18:20:54.36ID:t0gRreLd がんばれボーダーセキュリティ 5【TOKUMEI】2019/02/07(木) 18:21:38.71ID:EXCIR+gd ドレダ? 7【TOKUMEI】201…

続きを読む

【韓国】 「韓国の輸出は急減する」OECDの警告が現実に…4カ月連続減少中~輸出減少地域は中国、欧州連合、日本など…

1【TOKUMEI】2019/03/22(金) 23:29:05.79ID:CAP_USER 「今年は韓国の輸出が大幅に減少するだろう」という経済協力開発機構(OECD)の警告が現実化する兆候だ。中国・欧州など成長が減速している地域への輸出が減り、4カ月連続で全体の輸出額が減少している。 関税庁によると、今月1−20日の韓国の輸出は280億ドル(31兆5000億ウォン)と、1カ月前に比べて4.9%減少した。このままいくと3月全体の輸出も減少傾向を継続する可能性が高い。この場合、輸出実績は2015年1月から2016年7月まで19カ月連続で減少して以来、最も長い減少期間となる。 輸出が減少した地域は主に中国(−12.6%)、欧州連合(−6.1%)、日本(−13.8%)などだった。OECDが成長率の低下を予測した代表的な国だ。OECDは6日、「中間経済見通し」で、ユーロ圏の経済成長率予測値を1.8%から1.0%へと大幅に下方修正した。日本は1.0%から0.8%に、中国も6.3%から6.2%に成長率予測値を引き下げた。OECDはこの報告書で「今年と来年の韓国の輸出は大幅に減少し、特にアジア市場の鈍化が目立つ」と予想した。 品目別には半導体(−25.0%)、石油製品(−11.8%)、無線通信機器(−4.1%)など韓国の主力商品の輸出がそろって不振だ。これも国内輸出の26.8%を占める中国への輸出が減少したことで、主力製品の輸出実績も低調だったと分析される。船舶(22.4%)、乗用車(…

続きを読む