【サッカー】<元ブラジル代表MF>“メッシ対策”暴露「アルゼンチンと戦う時はみんなでメッシを1人1回ずつ削ろう。ロ…

1【TOKUMEI】2020/03/20(金) 13:51:09.29ID:Gc/lsCM39 フェリペ・メロが「唯一無二の選手」とメッシ称賛 「ロナウドより上」 ワールドカップ(W杯)で最多5回の優勝を誇るブラジル代表も、FWリオネル・メッシを擁するアルゼンチン代表と対戦する時は、絶対的エースへの意図的なファウルも勝つための手段として取り入れていたようだ。 かつてセリエAのユベントスやインテルで活躍し、現在はブラジルのパルメイラスに所属する元ブラジル代表MFフェリペ・メロが、アルゼンチンの現地紙「クラリン」とのインタビューに応じ、セレソンの一員としてプレーしていた頃の“メッシ対策”を明かしている。  ヨーロッパの名門クラブを渡り歩き、代表キャップ数も「22」を数えるメロは、イエローカードやレッドカードを厭わない激しい守備を持ち味として、これまで数々のストライカーと対峙してきた。そして、その獰猛なプレースタイルはメッシとマッチアップした時も変わらなかったようで、当時のメッシ対策についてメロは、「アルゼンチンと戦う時は『みんなでメッシを1人1回ずつ削ろう。ローテーションで削りにいったほうがいいよな』って、チームメートと話し合っていたんだ。そうじゃなかったら、彼をマークするのは不可能だからね。別に彼を壊したかったわけじゃなくて、彼のリズムを崩したかっただけさ。それも戦術の一つだよ」と語り、ファウルを犯してでもメッシを止めようとしていたことを認めた。  しかし、百戦錬磨のメ…

続きを読む

【鉄道】「中央線快速・総武線各停」完全分離でどう変わるか。グリーン車導入にさきがけ実施 (411)

1【TOKUMEI】2019/12/15(日) 16:39:41.75ID:s2/j2OId9 JR東日本中央線の早朝・深夜時間帯で、東京駅発着の各駅停車が廃止されます。総武線の御茶ノ水折り返しも終了し、終日、中野・三鷹方面へ直通運転となります。 早朝・深夜の「中央線各停」を廃止 JR東日本の中央線(オレンジの電車)は、御茶ノ水〜中野間(土休日は御茶ノ水〜吉祥寺間)で快速運転を行っています。ただ、早朝・深夜帯においては、東京〜御茶ノ水〜中野間で各駅に停車する列車を運転しています。 JR東日本は、2020年3月14日のダイヤ改正で、この東京駅発着の中央線各駅停車を廃止すると発表しました。早朝・深夜を含めた全ての時間帯で、中央線は快速運転を行います。 総武線の立川乗り入れも終了 これにともない、早朝・深夜時間帯で総武線各駅停車(黄色い電車)の御茶ノ水折り返しも中止します。 現在は、早朝・深夜時間帯で津田沼・千葉方面からの列車の一部が御茶ノ水で折り返し運転をしていますが、この運用についてもダイヤ改正で変更し、全ての時間帯で中央・総武線各駅停車として中野・三鷹方面へ直通運転します。 現在、総武線各停の一部列車は、深夜、早朝時間帯に三鷹〜立川間まで乗り入れていますが、この乗り入れも終了します。 早朝の武蔵小金井、国分寺、立川の各駅発の千葉行きはなくなります。 早朝・深夜の時刻表 具体的なダイヤの変更例は、以下のようになっています。 …

続きを読む

JR中央線快速、車内でうんこ可能に (250)

1【TOKUMEI】2020/02/24(月) 16:21:25.76ID:CxJdPQli0?PLT(16000) 中央快速線E233系にトイレ設置、なんのために? https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-00000008-zdn_mkt-bus_all オレンジの帯を巻いた、JR東日本の中央線快速。この3月14日より、トイレの使用が可能になることをご存じだろうか。 すでに一部車両の4号車には車いす対応のユニバーサルデザイントイレが設置されているが、現時点で利用することはできない。 ただ、未使用のトイレを目の前にして、「何かある」ことに気付いた人もいるだろう。 トイレを設置するために、現在運用しているE233系のほかに、常磐緩行線の車両(209系)が塗色を変えた。 中央線の車両が不足するので、その足りない本数を埋めるために運行しているのだ。 7【TOKUMEI】2020/02/24(月) 16:22:39.10ID:o4PcFNtJ0 早い者勝ち個室完備 23【TOKUMEI】2020/02/24(月) 16:26:36.31ID:pRYaLWSZ0 座席を全て便座にすれば解決 24【TOKUMEI】2020/02/24(月) 16:26:39.57ID:dZ/z+9Gy0 過敏性腸なんとかの人にはありがたいだろうね 42【TOKUMEI】2020/02/24(月) 16:30:44…

続きを読む